30代バツイチ独身女性電話受信オペレーターの愛人との日々

私は20代後半で離婚した現在30代半ばのバツイチです。
元主人の浮気や嘘、言葉の暴力などで心身ともに疲れ果ててしまい離婚をして欲しいと伝えました。
最初、元主人は離婚を受け入れてくれず、離婚が成立するまで約2年かかってしまいました。
そんな経験があるので離婚後は男の人が信じられなくなっていて、周りからどんなにステキだと言われているような人でも、私の心に響いてくるような人はいませんでした。
離婚の経験から、結婚なんてもうこりごりだと思うようになって、それは今現在も変わっていません。
結婚どころか、恋愛に関してもなんだかもう面倒です。
思わせぶりな態度をとったりとられたり、自分を良く見せようと思ったりそんな態度を示されたり、いわゆる恋の駆け引きがもう面倒です。
けれど私もまだ女盛りなので、人肌恋しくなるときがあります。
そんなもんもんとした気持ちの解決方法は、恋愛とはまた違う、いわゆる愛人関係がいいのじゃないかと思うようになりました。
面倒な駆け引きはない、体の欲求で満たしあう、そんな関係は今の私のこの体と心に一番合っているんじゃないかと思うようになりました。
パソコンで検索をすればいろんなサイトが出てきますので、その中のひとつに登録して何人かの人と会いました。
最初は怖かったけど実際に会った人と話していると、やっぱり何かしら満たされていないからこそ、こういった出会いを求めているんだなと実感しました。
愛人なんて、陰日なたのようなイメージですけど、私は自分の欲求や目的がはっきりしているので、今のこの関係を後ろ暗いものだとは感じません。
相手は既婚者なので家族の方には申し訳ないですけど、長年連れ添った夫婦間ですでにもう割り切っているのなら、こんな私の存在も敢えて気にはしないんじゃないでしょうか。
私は生活面では自立していますので、決まったお手当てをもらうことはありません。
私自身そうしたことを望んで愛人関係を始めたわけではないので、時々プレゼントをもらったり、会ってるときの費用を負担してもらう程度です。
愛人と続いている一番の理由は体の相性でうす。
縛られていない、しがらみが無い、そんな気持ちで相手に体を預けていると、何というのか本当に開放された気持ちになってとてもいい時間が過ごせます。
結婚していたときよりも、自分の欲求に素直になって喜びを体いっぱい感じているって思います。

パパから貰った愛のカタチ